リンク集 よくあるご質問

神栖市でご葬儀の事なら、みなもと葬祭です。もしもの時はおまかせ下さい!365日24時間いつでもすぐに駆けつけます!

ホーム

式場の種類

葬儀の流れ

葬儀後の流れ

交通の案内

会社概要

式場の種類

式場にはメリット・デメリットがあります。見合った式場を選びましょう。

以前は大多数の方が、自宅で葬儀を行っていましたが、平成8年10月に設立された火葬場と斎場を備えた神栖市の公営施設「かみす聖苑」が建設されてからは、ほとんどの人が「かみす聖苑」を利用するようになりました。それには人間関係(ご近所付き合い)、生活環境やスタイルの変化や葬儀の規模(家族葬中心)などが大きく関わっています。つまり、今日においては式場選びと葬儀社選びは密接な関係になっていると言うことができます。

公営施設(かみす聖苑)

かみす聖苑スタイリッシュなデザインで、最先端の設備が整い、神栖市民は大変安い料金で使用できるなど、いいこと尽くめの神栖市の公営施設です。

 

火葬場と斎場があるので移動もしなくてすみます。神栖市で葬儀があれば、ほとんど「かみす聖苑」で行なわれています。

メリット デメリット
安価な式場利用料金 予約状況によっては希望日に添えない場合がある。
葬儀社の選択肢が多い 時間の制限がある
火葬場と斎場が同じ場所にある  
準備や片付けの心配をしないで済む  

民間施設

葬儀あるいは法事を執り行うために作られた施設です。民間施設の斎場ほど、差が大きいものはありません。

プロジェクター他最新鋭の設備が整い、スタイリッシュで快適な、ホテルを凌駕するような所から、古い家屋を改築し、お世辞にも快適とは言い難い所まで、様々です。

メリット デメリット
葬儀に特化した施設 式場利用料金が高い
準備や片付けの心配をしないで済む 葬儀社の選択肢がない
  供物の持ち込み不可の場合が多い

自宅

葬儀を自宅で行う人は急減してきました。しかし、慣れ親しんだ自宅から故人を送りだしてあげたいという心情から敢えて自宅で葬儀を行いたいというニーズもあります。この場合、斎場(式場)を利用するときと違い、自宅を葬儀の場に作り替えなければなりません。その準備(幕張、テント、照明など)のために費用が多く掛かる場合もございます。

メリット デメリット
故人の思い出の場所である 部屋の準備や後片付けが大変
式場利用料金が不要 御近所への気遣いと配慮
近隣の方が弔問し易い 駐車スペースや部屋の広さや数が必要
▲TOPへ